民法第403条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(金銭債権)

第403条
外国の通貨債権額を指定したときは、債務者は、履行地における為替相場により、日本の通貨で弁済をすることができる。

解説[編集]

外国の通貨で債権額が指定してあっても、債務の履行地における為替相場で換算し日本の通貨で弁済すれば本旨に従った弁済(民法第493条)となることを規定している。

参照条文[編集]

判例[編集]

  • 連帯保証債務金請求(最高裁判例  昭和50年07月15日) 外国為替及び外国貿易管理法30条3号,外国為替管理令13条1項1号,外国為替管理令13条2項,民法第90条
  • [](最高裁判例 )

前条:
民法第402条
(金銭債権)
民法
第3編 債権
第1章 総則
第2節 債権の目的
次条:
民法第404条
(法定利率)
このページ「民法第403条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。