民法第499条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

任意代位

第499条

  1. 債務者のために弁済をした者は、その弁済と同時に債権者の承諾を得て、債権者に代位することができる。
  2. 第467条の規定は、前項の場合について準用する。

解説[編集]

債務者のために弁済をした者が債権者に代位する場合は、原則として債権者の承諾が必要である(任意代位)。

  • 第467条(指名債権の譲渡の対抗要件)
改正民法第499条
債務者のために弁済をした者は、債権者に代位する。

改正民法では第一項の任意弁済の「債権者の承諾」の法律要件要素が474条に定められた(債権者が第三者による弁済を拒絶できる)。第二項は第500条に定められた。

参照条文[編集]


前条:
民法第498条
(供託物の受領の要件)
民法
第3編 債権
第1章 総則
第5節 債権の消滅
次条:
民法第500条
(法定代位)
このページ「民法第499条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。