民法第510条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)民法第510条

条文[編集]

差押禁止債権を受働債権とする相殺の禁止)

第510条
債権が差押えを禁じたものであるときは、その債務者は、相殺をもって債権者に対抗することができない。

解説[編集]

相殺についての特則規定である。

差押え禁止債権を受働債権とする相殺を禁じている。差押え禁止債権は、現実に支払われなければいけない性質の債権だからである。差押え禁止債権には、扶養請求権、生活保護受給権、年金等がある。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第509条
(不法行為により生じた債権を受働債権とする相殺の禁止)
民法
第3編 債権
第1章 総則
第5節 債権の消滅
次条:
民法第511条
(支払の差止めを受けた債権を受働債権とする相殺の禁止)


このページ「民法第510条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。