民法第511条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権

条文[編集]

(支払の差止めを受けた債権を受働債権とする相殺の禁止)

第511条
支払の差止めを受けた第三債務者は、その後に取得した債権による相殺をもって差押債権者に対抗することができない。

解説[編集]

相殺することができない場合について定めた規定の一つである。

無制限説
第三債務者は、差押債務者に対して、差押え時に反対債権を有していれば、対抗できるとする。
第三債務者の保護を重視する、判例の立場。
制限説
第三債務者は、差押債務者に対して、差押え時に反対債権を有しるだけでは対抗できず、反対債権の弁済期が差押え債権の弁済期より先に到来する場合に限り、対抗できるとする。
差押え債権者による差押えの実効性を重視する。

参照条文[編集]

判例[編集]

  • 預金返還請求(最高裁判例 昭和39年12月23日)民訴法598条1項
  • 定期預金等請求(最高裁判例 昭和45年06月24日)民訴法598条1項
  • 転付預金債権支払請求(最高裁判例 昭和50年09月25日)民法第468条,民訴法第601条,手形法第39条,手形法第50条,手形法第77条
    債権が差し押えられた場合において、第三債務者が債務者に対して反対債権を有していたときは、その債権が差押後に取得されたものでないかぎり、右債権および被差押債権の弁済期の前後を問わず、両者が相殺適状に達しさえすれば、第三債務者は、差押後においても、右反対債権を自働債権として、被差押債権と相殺することができる。
  • 取立債権請求事件 (最高裁判例 平成14年03月28日)

前条:
民法第510条
(差押禁止債権を受働債権とする相殺の禁止)
民法
第3編 債権
第1章 総則
第5節 債権の消滅
次条:
民法第512条
(相殺の充当)
このページ「民法第511条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。