民法第524条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(承諾の期間の定めのない申込み)

第524条
承諾の期間を定めないで隔地者に対してした申込みは、申込者が承諾の通知を受けるのに相当な期間を経過するまでは、撤回することができない。

解説[編集]

隔地者との契約の成立について規定している。

相当の期間とは、申込みを受けた者が諾否を決めるのに考える時間と、承諾の通知が到着するのに通常必要とされる時間の合計。

参照条文[編集]

民法第521条(承諾の期間の定めのある申込み)


前条:
民法第523条
(遅延した承諾の効力)
民法
第2編 物権
第2章 契約
第1節 総則
次条:
民法第525条
(申込者の死亡又は行為能力の喪失)
このページ「民法第524条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。