民法第712条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

責任能力

第712条
未成年者は、他人に損害を加えた場合において、自己の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えていなかったときは、その行為について賠償の責任を負わない。

解説[編集]

責任無能力者の行為については、不法行為責任は発生しないとされる。未成年者のうち、「自己の責任を弁識するに足りる知能を備えていなかった」と判断された場合は、責任無能力者の行為として、不法行為責任は不発生となる。
このことから被害者救済のため714条で責任無能力者の監督義務者等の責任が定められている。
本条の適用基準の目安は11~12歳程度と言われている。

参照条文[編集]


前条:
民法第711条
(近親者に対する損害の賠償)
民法
第3編 債権
第5章 不法行為
次条:
民法第713条
(責任能力)
このページ「民法第712条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。