民法第737条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

未成年者婚姻についての父母の同意)

第737条
  1. 未成年の子が婚姻をするには、父母の同意を得なければならない。
  2. 父母の一方が同意しないときは、他の一方の同意だけで足りる。父母の一方が知れないとき、死亡したとき、又はその意思を表示することができないときも、同様とする。

解説[編集]

未成年者の婚姻につき、原則として父母の同意を条件とする旨を定めた規定である。
上記の通り原則として父母の同意が必要であるが、父母が死亡している場合婚姻における同意は父母の専属的権限であり,未成年後見人には同意する権限がないため 未成年後見人が選任されており、父母が死亡している場合未成年後見人の同意なしに婚姻できる。父母の双方が、行方不明、意思を表示できないときも同様である。
また家庭裁判所の許可も不要である。[1]

参照条文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 法務省通達 昭和23年5月8日民甲977号

前条:
民法第736条
(養親子等の間の婚姻の禁止)
民法
第4編 親族
第2章 婚姻
第1節 婚姻の成立
次条:
民法第738条
(成年被後見人の婚姻)
このページ「民法第737条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。