民法第741条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)>民法第741条

条文[編集]

(外国に在る日本人間の婚姻の方式)

第741条

外国に在る日本人間で婚姻をしようとするときは、その国に駐在する日本の大使、公使又は領事にその届出をすることができる。この場合においては、前二条の規定を準用する。

解説[編集]

外国における日本人間の婚姻の届出の方式を定めた条文である。戦後の民法改正においても、明治民法の規定がそのまま受け継がれている。

関連条文[編集]

次 第742条(婚姻の無効)

このページ「民法第741条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。