民法第739条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

婚姻の届出)

第739条
  1. 婚姻は、戸籍法 (昭和22年法律第224号)の定めるところにより届け出ることによって、その効力を生ずる。
  2. 前項の届出は、当事者双方及び成年の証人二人以上が署名した書面で、又はこれらの者から口頭で、しなければならない。

解説[編集]

婚姻の成立について規定している。戦後の民法改正においても、明治民法と同趣旨の規定が受け継がれている。

日本国では形式婚主義を採用していて、婚姻を成立させるには戸籍法所定の要件を満たした届け出をしなければいけない。
戸籍法25条以下に届け出に関し、具体的に手続きが定められている。本条2項は口頭の届出を認めるが、戸籍法28条によれば「やむを得ない事情」があるときしか口頭での届出は認められない。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第738条
(成年被後見人の婚姻)
民法
第4編 親族
第2章 婚姻
第1節 婚姻の成立
次条:
民法第740条
(婚姻の届出の受理)
このページ「民法第739条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。