民法第746条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族

条文[編集]

(再婚禁止期間内にした婚姻の取消し)

第746条
民法第733条の規定に違反した婚姻は、前婚の解消若しくは取消しの日から起算して百日を経過し、又は女が再婚後に出産したときは、その取消しを請求することができない。

改正経緯[編集]

2016年改正にて、以下の通り改正。改正理由等については、第733条・解説を参照。

(改正前)前婚の解消若しくは取消しの日から起算して六箇月を経過し、
(改正後)前婚の解消若しくは取消しの日から起算して百日を経過し、

解説[編集]

再婚禁止期間の立法趣旨は「父性の推定の重複の回避」であり(旧・第782条を継承)、その懸念がなくなった場合に取消しに意味はなくなる。従って、以下の場合には、取り消し得ない。

  1. 再婚禁止期間(100日間)を徒過したとき(第772条参照)
  2. 女が再婚後出産したとき

参照条文[編集]

参考[編集]

明治民法において、本条には以下の規定があった。

戸主及ヒ家族ハ其家ノ氏ヲ称ス

前条:
民法第745条
(不適齢者の婚姻の取消し)
民法
第4編 親族

第2章 婚姻
第1節 婚姻の成立

第2款 婚姻の無効及び取消し
次条:
民法第747条
(詐欺又は強迫による婚姻の取消し)


このページ「民法第746条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。