民法第747条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族

条文[編集]

詐欺又は強迫による婚姻の取消し)

第747条
  1. 詐欺又は強迫によって婚姻をした者は、その婚姻の取消しを家庭裁判所に請求することができる。
  2. 前項の規定による取消権は、当事者が、詐欺を発見し、若しくは強迫を免れた後三箇月を経過し、又は追認をしたときは、消滅する。

解説[編集]

婚姻の取消手続きを定めた規定の一である。戦後の民法改正においても、明治民法の規定がそのまま受け継がれている。

参照条文[編集]


前条:
民法第746条
(再婚禁止期間内にした婚姻の取消し)
民法
第4編 親族
第2章 婚姻
第1節 婚姻の成立
第1款 婚姻の要件
次条:
民法第748条
(婚姻の取消しの効力)
このページ「民法第747条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。