民法第751条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

条文[編集]

(生存配偶者の復氏等)

第751条
  1. 夫婦の一方が死亡したときは、生存配偶者は、婚姻前の氏に復することができる。
  2. 第769条の規定は、前項及び第728条第2項の場合について準用する。

解説[編集]

婚氏続称制度を構成する条文の一つである。

第2項は祭祀財産の承継者(民法第897条)が復氏した場合の祭祀財産の帰趨に関しての規定である。

  • 民法第769条(離婚による復氏の際の権利の承継)
  • 民法第728条(離婚等による姻族関係の終了)

参照条文[編集]

参考文献[編集]

  • 『民法(5)親族・相続(第3版)』有斐閣新書(1989年、有斐閣)45頁-66頁(山脇貞司執筆部分)
  • 泉久雄『親族法』89-100頁、156頁-157頁(1997年、有斐閣)

前条:
民法第750条
(夫婦の氏)
民法

第4編 親族
第2章 婚姻
第2節 婚姻の効力

次条:
民法第752条
(同居、協力及び扶助の義務)
このページ「民法第751条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。