民法第767条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

離婚による復氏等)

第767条
  1. 婚姻によって氏を改めた夫又は妻は、協議上の離婚によって婚姻前の氏に復する。
  2. 前項の規定により婚姻前の氏に復した夫又は妻は、離婚の日から三箇月以内に戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、離婚の際に称していた氏を称することができる。

解説[編集]

婚姻によって改姓した者は、離婚によって復氏するのが原則であるが、一定の要件により届けることにより離婚の際に称した氏を称することもできるとされている。

参照条文[編集]


前条:
民法第766条
(離婚後の子の監護に関する事項の定め等)
民法

第4編 親族
第2章 婚姻
第4節 離婚

次条:
民法第768条
(財産分与)
このページ「民法第767条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。