民法第793条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)民法第793条

条文[編集]

(尊属又は年長者を養子とすることの禁止)

第793条
尊属又は年長者は、これを養子とすることができない。

解説[編集]

長幼の秩序を乱さないため、倫理的・道義的な側面から、養子となる者についての禁止規定である。戦後の民法改正においても、明治民法の規定がそのまま受け継がれている。

尊属は直系・傍系を問わない。よって養子となる者が年少者であっても傍系尊属にあたるならば養子縁組は禁止される。

年長者は、一日でも早く出生していれば該当する。よって養子となる者が養親となる者と同年齢であっても構わない。

養親または養子が夫婦共同で縁組をする場合には、夫婦いずれもこの要件を満たしていなければならない。

参照条文[編集]

  • 民法第805条(養親が尊属または年長者である場合の縁組の取消し)

判例[編集]


前条:
民法第792条
(養親となる者の年齢)
民法
第4編 親族
第3章 親子
第2節 養子
次条:
民法第794条
(後見人が被後見人を養子とする縁組)


このページ「民法第793条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。