民法第814条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)民法第814条

条文[編集]

(裁判上の離縁)

第814条

  1. 縁組の当事者の一方は、次に掲げる場合に限り、離縁の訴えを提起することができる。
    一 他の一方から悪意で遺棄されたとき。
    二 他の一方の生死が三年以上明らかでないとき。
    三 その他縁組を継続し難い重大な事由があるとき。
  2. 第770条第2項の規定は、前項第一号及び第二号に掲げる場合について準用する。

解説[編集]

参照条文[編集]

次 第815条(養子が十五歳未満である場合の離縁の訴えの当事者)

判例[編集]

このページ「民法第814条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。