民法第813条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(離縁の届出の受理)

第813条
離縁の届出は、その離縁が前条において準用する第739条第2項の規定並びに第811条条及び第811条の2の規定その他の法令の規定に違反しないことを認めた後でなければ、受理することができない。《改正》平16法147

2 離縁の届出が前項の規定に違反して受理されたときであっても、離縁は、そのためにその効力を妨げられない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第812条
(婚姻の規定の準用)
民法
第4編 親族
第3章 親子
第2節 養子
次条:
民法第814条
(裁判上の離縁)
このページ「民法第813条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。