民法第983条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続

条文[編集]

(特別の方式による遺言の規定の準用)

第983条
第976条から前条までの規定によりした遺言は、遺言者が普通の方式によって遺言をすることができるようになったときから6ヶ月間生存するときは、その効力を生じない。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
民法第982条
(普通の方式による遺言の規定の準用)
民法
第3編 債権

第7章 遺言

第2節 遺言の方式
次条:
民法第984条
(外国に在る日本人の遺言の方式)


このページ「民法第983条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。