消費税法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学消費税法消費税法施行令消費税法施行規則

消費税法(最終改正:平成二〇年四月三〇日法律第二三号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア消費税法の記事があります。

第1章 総則 (第1条~第27条)[編集]

第1条(趣旨)
第2条(定義)
第3条(人格のない社団等に対するこの法律の適用)
第4条(課税の対象)
第5条(納税義務者)
第6条(非課税)
第7条(輸出免税等)
第8条(輸出物品販売場における輸出物品の譲渡に係る免税)
第9条(小規模事業者に係る納税義務の免除)
第10条(相続があつた場合の納税義務の免除の特例)
第11条(合併があつた場合の納税義務の免除の特例)
第12条(分割等があつた場合の納税義務の免除の特例)
第12条の2(基準期間がない法人の納税義務の免除の特例)
第13条(資産の譲渡等を行つた者の実質判定)
第14条(信託財産に係る資産の譲渡等の帰属)
第15条(法人課税信託の受託者に関するこの法律の適用)
第16条(長期割賦販売等に係る資産の譲渡等の時期の特例)
第17条(工事の請負に係る資産の譲渡等の時期の特例)
第18条(小規模事業者に係る資産の譲渡等の時期等の特例)
第19条(課税期間)
第20条(個人事業者の納税地)
第21条(個人事業者の納税地の特例)
第22条(法人の納税地)
第23条(納税地の指定)
第24条(納税地指定の処分の取消しがあつた場合の申告等の効力)
第25条(納税地の異動の届出)
第26条(外国貨物に係る納税地)
第27条(輸出物品販売場において購入した物品を譲渡した場合等の納税地)

第2章 課税標準及び税率 (第28条~第29条)[編集]

第28条(課税標準)
第29条(税率)

第3章 税額控除等 (第30条~第41条)[編集]

第30条(仕入れに係る消費税額の控除)
第31条(非課税資産の輸出等を行つた場合の仕入れに係る消費税額の控除の特例)
第32条(仕入れに係る対価の返還等を受けた場合の仕入れに係る消費税額の控除の特例)
第33条(課税売上割合が著しく変動した場合の調整対象固定資産に関する仕入れに係る消費税額の調整)
第34条(課税業務用調整対象固定資産を非課税業務用に転用した場合の仕入れに係る消費税額の調整)
第35条(非課税業務用調整対象固定資産を課税業務用に転用した場合の仕入れに係る消費税額の調整)
第36条(納税義務の免除を受けないこととなつた場合等の棚卸資産に係る消費税額の調整)
第37条(中小事業者の仕入れに係る消費税額の控除の特例)
第37条の2(災害等があつた場合の中小事業者の仕入れに係る消費税額の控除の特例の届出に関する特例)
第38条(売上げに係る対価の返還等をした場合の消費税額の控除)
第39条(貸倒れに係る消費税額の控除等)
第40条
第41条(税額控除の計算の細目)

第4章 申告、納付、還付等 (第42条~第56条)[編集]

第42条(課税資産の譲渡等についての中間申告)
第43条(仮決算をした場合の中間申告書の記載事項等)
第44条(中間申告書の提出がない場合の特例)
第45条(課税資産の譲渡等についての確定申告)
第46条(還付を受けるための申告)
第47条(引取りに係る課税貨物についての課税標準額及び税額の申告等)
第48条(課税資産の譲渡等についての中間申告による納付)
第49条(課税資産の譲渡等についての確定申告による納付)
第50条(引取りに係る課税貨物についての消費税の納付等)
第51条(引取りに係る課税貨物についての納期限の延長)
第52条(仕入れに係る消費税額の控除不足額の還付)
第53条(中間納付額の控除不足額の還付)
第54条(確定申告等に係る更正による仕入れに係る消費税額の控除不足額の還付)
第55条(確定申告等に係る更正又は決定による中間納付額の控除不足額の還付)
第56条(前課税期間の消費税額等の更正等に伴う更正の請求の特例)

第5章 雑則 (第57条~第63条の2)[編集]

第57条(小規模事業者の納税義務の免除が適用されなくなつた場合等の届出)
第58条(帳簿の備付け等)
第59条(申告義務等の承継)
第60条(国、地方公共団体等に対する特例)
第61条(財務省令への委任)
第62条(当該職員の質問検査権)
第63条(官公署等への協力要請)
第63条の2(価格の表示)

第6章 罰則 (第64条~第70条)[編集]

第64条
第65条
第66条
第67条
第68条
第69条
第70条
このページ「消費税法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。