近江弁

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メインページ > 語学 > 日本語 > 日本語の方言 > 近江弁

Wikipedia
ウィキペディア近江弁の記事があります。

近江弁(おうみべん)は、近畿方言の一つであり、関西地方の滋賀県で主に話されている日本語の方言です。主に「関西弁」「大阪弁」として知られている「関西地方の方言」の一種としてそれらと混同されつつもそれら全体としては全国的にも著名であるため、他の地方の人と話す際は語学学者でもない限り「関西弁」として説明することが推奨されます。アクセントは大部分で京阪式アクセントが使用されていますが、湖北地方では垂井式アクセントも広く分布しています。

江州弁(ごうしゅうべん)、滋賀弁(しがべん)、近江ことば(おうみことば)などとも言われます。方言学では滋賀県方言(しがけんほうげん)や滋賀方言(しがほうげん)と言われますが、「滋賀方言」は「滋賀郡の方言」を指す場合もあります。ここでは「近江弁」と呼ばせていただきます。

「近江弁」の中にも[編集]

この近江弁が話されているのは主に滋賀県ですが、滋賀県は中心に琵琶湖があり、北を上にした地図では琵琶湖の右上側、下側、左下、左上をそれぞれ「湖北」「湖東」「湖南」「湖西」と呼称し、それぞれで近江弁の中湖北方言とそれ以外では違う部分が見られます。そのため、湖北方言をN(Nouth)、それ以外をO(Oumi-ben)とします。

アクセントの表記について[編集]

アクセントは低く発音される部分を「L」、高く発音される部分を「H」で示しました。

(例)「重い」は高低低と発音されるのでHLL

解説について[編集]

共通語の文法の知識を前提とし、例文、アクセント、共通語訳等を交えながら解説した。

目次[編集]

このページ「近江弁」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。