雇用保険法第10条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

雇用保険法)(

条文[編集]

(失業等給付)

第10条  
  1. 失業等給付は、求職者給付、就職促進給付、教育訓練給付及び雇用継続給付とする。
  2. 求職者給付は、次のとおりとする。
    一  基本手当
    二  技能習得手当
    三  寄宿手当
    四  傷病手当
  3. 前項の規定にかかわらず、第37条の2第1項に規定する高年齢継続被保険者に係る求職者給付は、高年齢求職者給付金とし、第38条第1項に規定する短期雇用特例被保険者に係る求職者給付は、特例一時金とし、第43条第1項に規定する日雇労働被保険者に係る求職者給付は、日雇労働求職者給付金とする。
  4. 就職促進給付は、次のとおりとする。
    一  就業促進手当
    二  移転費
    三  広域求職活動費
  5. 教育訓練給付は、教育訓練給付金とする。
  6. 雇用継続給付は、次のとおりとする。
    一  高年齢雇用継続基本給付金及び高年齢再就職給付金(第六節第一款において「高年齢雇用継続給付」という。)
    二  育児休業給付金
    三  介護休業給付金

解説[編集]

  • 第37条の2(高年齢継続被保険者)
  • 第38条(短期雇用特例被保険者)
  • 第43条(日雇労働被保険者)

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「雇用保険法第10条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。