高等学校 生物

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小学校・中学校・高等学校の学習>高等学校の学習>高等学校理科>高等学校生物>高等学校 生物

新課程の生物・旧課程生物共通です。学習する順番やタイトルが入れ替わっているだけなので、以下のリンクを参照してください。[1]

進捗状況の凡例

00%.svg 数行の文章か目次があります。
25%.svg:本文が少しあります。
50%.svg:本文が半分ほどあります。
75%.svg: 間もなく完成します。
100 percent.svg: 一応完成しています。

part1 生物の進化[編集]

Chapter1 生物の進化[編集]

当面の間は旧生物Ⅱから流用

  1. 生命の起源進捗状況: 25% (2022-07-06) (2022-07-06)

Chapter2 生物の進化[編集]

  1. 有性生殖
  2. 遺伝子の多様な組み合わせ

Chapter3 進化の仕組み[編集]

 科学者達は、化石を見たり、生物の形や発達、生理、行動を研究して、生物がどのように進化してきたのか、どこから来たのか、多くの情報を収集してきました。ここ数年、DNAの解析によって新しい情報が得られています。進化を実現させる要因は何か、その仕組みはどうなっているのかを調べてみましょう。

  1. 進化の証拠進捗状況: 100% (2022-11-15) (2022-11-15)
  2. 突然変異と進化
  3. 進化の要因進捗状況: 25% (2022-11-18) (2022-11-18)

Chapter4 生物の系統[編集]

  1. 生物の分類と系統
  2. 3ドメイン説
  3. 細菌(バクテリア)ドメイン
  4. アーキア(古細菌)ドメイン
  5. 真核生物ドメイン
  6. 人類の起源と進化

part2 生命現象と物質[編集]

Chapter5 生命と物質[編集]

  1. 物質と細胞
  2. 生命現象と蛋白質

Chapter6 代謝[編集]

  1. 代謝とエネルギー
  2. 呼吸
  3. 光合成

part3 遺伝情報の発現と発生[編集]

Chapter9 バイオテクノロジー[編集]

 本Chapterは、遺伝子を使った最新技術を学びます。新型コロナウイルスの検査方法(PCR検査)で有名となったPCR法もここで学習します。時事問題で、しばらくの間、各大学入試で出題の増加が予想されます。そのため、かなり詳しく内容を記述しています。

  1. 遺伝子を扱った技術進捗状況: 25% (2022-11-26) (2022-11-26)

part4 生物の環境応答[編集]

 生物は環境の変化を感じ取り、行動出来ます。動物は、眼や耳などの器官で外界の変化を感じ取り、神経系でその情報を処理してから、筋肉などの器官を動かして、必要な活動を行います。植物では、植物ホルモンが環境応答の中心的な役割を果たしています。このパートでは、感覚器官、神経系、筋肉の仕組みについて学びます。また、動物の反応や行動の一部として、様々な動物がどのように行動するのかを学びます。また、植物反応の一部として、植物の生殖や植物ホルモンなどについて学びます。

Chapter10 刺激の受容と反応[編集]

  1. 刺激の受容進捗状況: 75% (2022-9-26) (2022-9-26)
  2. 神経進捗状況: 00% (2022-9-28) (2022-9-28)
  3. 神経系進捗状況: 100% (2022-11-20) (2022-11-20)
  4. 効果器進捗状況: 100% (2022-11-13) (2022-11-13)

Chapter11 動物の行動[編集]

 動物を観察していると、時と場合によって様々な行動をしている様子が見られます。それぞれの行動は、環境中の特定の刺激に対する反応なので、神経系がどのように成長し、変化していくかに大きく関係しています。動物の行動が複雑で多様なら、その神経系はより発達しています。それでは、ある動物の行動を見てみましょう。

  1. 生得的行動進捗状況: 100% (2022-11-18) (2022-11-18)
  2. 学習進捗状況: 100% (2022-11-14) (2022-11-14)

Chapter12 植物の環境応答[編集]

  1. 植物の生殖と発生進捗状況: 25% (2022-11-16) (2022-11-16)
  2. 発芽と成長進捗状況: 25% (2022-11-17) (2022-11-17)

part5 生態と環境[編集]

当面の間は旧生物Ⅱから流用

参考[編集]

  1. いろいろな遺伝進捗状況: 75% (2022-07-06) (2022-07-06)

出典[編集]

 当ページは啓林館と東京書籍の生物教科書をベースに作成しています。

 必要に応じて図説の解説や「大学入試 山川喜輝の 生物が面白いほどわかる本」の内容も取り入れました。

脚注[編集]

  1. ^ 本解説では令和5年以降の新課程啓林館の生物教科書順番にそってリンクを掲載しています。