コンメンタール不正競争防止法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタール産業通則コンメンタール不正競争防止法

不正競争防止法(最終改正:平成二七年七月一〇日法律第五四号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア不正競争防止法の記事があります。

第1章 総則(第1条・第2条)[編集]

第1条(目的)
第2条(定義)

第2章 差止請求、損害賠償等(第3条-第15条)[編集]

第3条(差止請求権)
第4条(損害賠償)
第5条(損害の額の推定等)
第5条の2(技術上の秘密を取得した者の当該技術上の秘密を使用する行為等の推定)
第6条(具体的態様の明示義務)
第7条(書類の提出等)
第8条(損害計算のための鑑定)
第9条(相当な損害額の認定)
第10条(秘密保持命令)
第11条(秘密保持命令の取消し)
第12条(訴訟記録の閲覧等の請求の通知等)
第13条(当事者尋問等の公開停止)
第14条(信用回復の措置)
第15条(消滅時効)

第3章 国際約束に基づく禁止行為(第16条-第18条)[編集]

第16条(外国の国旗等の商業上の使用禁止)
第17条(国際機関の標章の商業上の使用禁止)
第18条(外国公務員等に対する不正の利益の供与等の禁止)

第4章 雑則(第19条―第20条)[編集]

第19条(適用除外等)
第19条の2(政令等への委任)
第20条(経過措置)

第5章 罰則(第21条・第22条)[編集]

第21条(罰則)
第22条

第6章 刑事訴訟手続の特例(第23条―第31条)[編集]

第23条(営業秘密の秘匿決定等)
第24条(起訴状の朗読方法の特例)
第25条(尋問等の制限)
第26条(公判期日外の証人尋問等)
第27条(尋問等に係る事項の要領を記載した書面の提示命令)
第28条(証拠書類の朗読方法の特例)
第29条(公判前整理手続等における決定)
第30条(証拠開示の際の営業秘密の秘匿要請)
第31条(最高裁判所規則への委任)

第7章 没収に関する手続等の特例(第32条―第34条)[編集]

第32条(第三者の財産の没収手続等)
第33条(没収された債権等の処分等)
第34条(刑事補償の特例)

第8章 保全手続(第35条・第36条)[編集]

第35条(没収保全命令)
第36条(追徴保全命令)

第9章 没収及び追徴の裁判の執行及び保全についての国際共助手続等(第37条―第40条)[編集]

第37条(共助の実施)
第38条(追徴とみなす没収)
第39条(要請国への共助の実施に係る財産等の譲与)
第40条(組織的犯罪処罰法による共助等の例)
このページ「コンメンタール不正競争防止法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。