マクロ経済学初中級

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
マクロ経済学 から転送)
移動: 案内検索

マクロ経済学とは何か?マクロ経済学が「(国民)所得理論」と呼ばれるのに対して、ミクロ経済学は「価格理論」とも呼ばれる。マクロ経済学の本質は、財の価値とその決定を考えることなのである。


経済原論・マクロ経済学初級[編集]

次のウィキペディアでの解説を読んでください。

(以上、ウィキペディアへのリンク。)

マクロ経済学中級[編集]

生産物市場と国民所得[編集]

Wikipedia
ウィキペディア景気循環の記事があります。
Wikipedia
ウィキペディアGDPデフレーターの記事があります。

金融資産市場とマネーフロー[編集]

IS-LM分析[編集]

Wikipedia
ウィキペディア有効需要の記事があります。

総需要・総供給分析[編集]

インフレーション率の決定[編集]

開放体系下のマクロモデル[編集]

Wikipedia
ウィキペディア雇用・利子および貨幣の一般理論の記事があります。

マクロ経済政策の展開[編集]

Wikipedia
ウィキペディア経済成長理論の記事があります。

成長理論[編集]

このページ「マクロ経済学初中級」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。