会社法第25条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法商法会社法コンメンタール会社法第2編 株式会社 (コンメンタール会社法)第2編第1章 設立 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(総則)

第25条
  1. 株式会社は、次に掲げるいずれかの方法により設立することができる。
    1. 次節から第八節までに規定するところにより、発起人が設立時発行株式(株式会社の設立に際して発行する株式をいう。以下同じ。)の全部を引き受ける方法
    2. 次節、第三節第39条及び第六節から第九節までに規定するところにより、発起人が設立時発行株式を引き受けるほか、設立時発行株式を引き受ける者の募集をする方法
  2. 各発起人は、株式会社の設立に際し、設立時発行株式を一株以上引き受けなければならない。

解説[編集]

1項においては、株式会社の設立方法(発起設立募集設立)についての概略を紹介している。2項においては、株式会社の設立に際して発行される株式(設立時発行株式)を発起人は一株以上引き受けなければならないと定めている。
第二節 定款の作成(第26条~第31条)
第三節 出資(第32条~第37条)
第四節 設立時役員等の選任及び解任(第38条~第45条)
第五節 設立時取締役等による調査(第46条)
第六節 設立時代表取締役等の選定等(第47条・第48条)
第七節 株式会社の成立(第49条~第51条)
第八節 発起人等の責任(第52条~第56条)
第九節 募集による設立
第39条(設立時役員等の選任)

関連条文[編集]


前条:
会社法第24条
(商人との間での事業の譲渡又は譲受け)
会社法
第2編 株式会社
第1章 設立
第1節 総則
次条:
会社法第26条
(定款の作成)