会社法第37条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第1章 設立 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

w:発行可能株式総数の定め等)

第37条
  1. 発起人は、株式会社が発行することができるw:株式の総数(以下「発行可能株式総数」という。)を定款で定めていない場合には、株式会社の成立の時までに、その全員の同意によって、定款を変更して発行可能株式総数の定めを設けなければならない。
  2. 発起人は、発行可能株式総数を定款で定めている場合には、株式会社の成立の時までに、その全員の同意によって、発行可能株式総数についての定款の変更をすることができる。
  3. 設立時発行株式の総数は、発行可能株式総数の四分の一を下ることができない。ただし、設立しようとする株式会社がw:公開会社でない場合は、この限りでない。

解説[編集]


前条:
会社法第36条
(設立時発行株式の株主となる権利の喪失)
会社法
第2編 株式会社
第1章 設立
第3節 出資
次条:
会社法第38条
(設立時役員等の選任)
このページ「会社法第37条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。