会社法第38条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社第1章 設立

条文[編集]

(設立時役員等の選任)

第38条
  1. 発起人は、出資の履行が完了した後、遅滞なく、設立時取締役株式会社の設立に際して取締役となる者をいう。以下同じ。)を選任しなければならない。
  2. 次の各号に掲げる場合には、発起人は、出資の履行が完了した後、遅滞なく、当該各号に定める者を選任しなければならない。
    一 設立しようとする株式会社が会計参与設置会社である場合 設立時会計参与(株式会社の設立に際して会計参与となる者をいう。以下同じ。)
    二 設立しようとする株式会社が監査役設置会社(監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めがある株式会社を含む。)である場合 設立時監査役(株式会社の設立に際して監査役となる者をいう。以下同じ。)
    三 設立しようとする株式会社が会計監査人設置会社である場合 設立時会計監査人(株式会社の設立に際して会計監査人となる者をいう。以下同じ。)
  3. w:定款で設立時取締役、設立時会計参与、設立時監査役又は設立時会計監査人として定められた者は、出資の履行が完了した時に、それぞれ設立時取締役、設立時会計参与、設立時監査役又は設立時会計監査人に選任されたものとみなす。

解説[編集]

関連条文[編集]

  • 会社法第33条(定款の記載又は記録事項に関する検査役の選任)

前条:
会社法第37条
(発行可能株式総数の定め等)
会社法
第2編 株式会社
第1章 設立
第4節 設立時役員等の選任及び解任
次条:
会社法第39条
(設立時役員等の選任)
このページ「会社法第38条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。