会社法第641条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第3編 持分会社

条文[編集]

(解散の事由)

第641条
w:持分会社は、次に掲げる事由によって解散する。
一  定款で定めた存続期間の満了
二  定款で定めた解散の事由の発生
三  総社員の同意
四  社員が欠けたこと。
五  合併(合併により当該持分会社が消滅する場合に限る。)
六  破産手続開始の決定
七  第824条第1項又は第833条第2項の規定による解散を命ずる裁判


解説[編集]

  • 会社法第824条(会社の解散命令)
  • 会社法第833条(会社の解散の訴え)

関連条文[編集]


前条:
会社法第640条
(定款の変更時の出資の履行)
会社法
第3編 持分会社
第7章 解散
次条:
会社法第642条
(持分会社の継続)
このページ「会社法第641条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。