会社法第724条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社 (コンメンタール会社法)第2編第9章 清算 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(社債権者集会の決議)

第724条
  1. 社債権者集会において決議をする事項を可決するには、出席した議決権者(議決権を行使することができる社債権者をいう。以下この章において同じ。)の議決権の総額の二分の一を超える議決権を有する者の同意がなければならない。
  2. 前項の規定にかかわらず、社債権者集会において次に掲げる事項を可決するには、議決権者の議決権の総額の五分の一以上で、かつ、出席した議決権者の議決権の総額の三分の二以上の議決権を有する者の同意がなければならない。
    第706条第1項各号に掲げる行為に関する事項
    二 第706条第1項、第736条第1項、第737条第1項ただし書及び第738条の規定により社債権者集会の決議を必要とする事項
  3. 社債権者集会は、第719条第二号に掲げる事項以外の事項については、決議をすることができない。

解説[編集]

関連条文[編集]

判例[編集]


前条:
会社法第723条
(議決権の額等)
会社法
第4編 社債
第3章 社債権者集会
次条:
会社法第725条
(議決権の代理行使)
このページ「会社法第724条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。