借地借家法第31条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法借地借家法コンメンタール借地借家法 借地借家法第31条)(

条文[編集]

(建物賃貸借の対抗力等)

第31条
  1. 建物の賃貸借は、その登記がなくても、建物の引渡しがあったときは、その後その建物について物権を取得した者に対し、その効力を生ずる。
  2. 民法第566条第1項 及び第3項 の規定は、前項の規定により効力を有する賃貸借の目的である建物が売買の目的物である場合に準用する。
  3. 民法第533条 の規定は、前項の場合に準用する。

解説[編集]

  • 民法第566条(地上権等がある場合等における売主の担保責任)
  • 民法第533条(同時履行の抗弁)

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「借地借家法第31条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。