刑事訴訟法第350条の7

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

第350条の7
  1. 検察官は、被疑者との間でした第350条の2第一項の合意がある場合において、当該合意に係る被疑者の事件について公訴を提起したときは、第291条の手続が終わつた後(事件が公判前整理手続に付された場合にあつては、その時後)遅滞なく、証拠として第350条の3第二項の書面(以下「合意内容書面」という。)の取調べを請求しなければならない。被告事件について、公訴の提起後に被告人との間で第350条の2第一項の合意をしたときも、同様とする。
  2. 前項の規定により合意内容書面の取調べを請求する場合において、当該合意の当事者が第350条の10第二項の規定により当該合意から離脱する旨の告知をしているときは、検察官は、あわせて、同項の書面の取調べを請求しなければならない。
  3. 第一項の規定により合意内容書面の取調べを請求した後に、当該合意の当事者が第350条の10第二項の規定により当該合意から離脱する旨の告知をしたときは、検察官は、遅滞なく、同項の書面の取調べを請求しなければならない。

解説[編集]

合意内容書面

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第350条の6
刑事訴訟法
第2編 第一審
第4章 証拠収集等への協力及び訴追に関する合意
第2節 公判手続の特例
次条:
第350条の8
このページ「刑事訴訟法第350条の7」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。