刑法第228条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(未遂罪)

第228条
第224条第225条第225条の2第1項、第226条から第226条の3まで並びに前条第1項から第3項まで及び第4項前段の罪の未遂は、罰する。

解説[編集]

225条の2第2項、227条4項後段については未遂処罰規定がない。財物の要求で既遂となるからである。

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
刑法第227条
(被略取者引渡し等)
刑法
第2編 罪
第33章 略取、誘拐及び人身売買の罪
次条:
刑法第228条の2
(解放による刑の減軽)
このページ「刑法第228条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。