刑法第62条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(幇助)

第62条
  1. 正犯を幇助した者は、従犯とする。
  2. 従犯を教唆した者には、従犯の刑を科する。

解説[編集]

1項は、w:共犯のうち、w:幇助犯について定めた規定である。幇助とは、正犯の実行を容易にする行為のことである。
2項は従犯(幇助犯)の教唆には従犯(幇助犯)としての刑を科するものと定めいる。いわゆる間接教唆の規定である。

教唆犯を幇助する間接教唆は2項により処罰されるが、幇助犯を幇助する間接幇助については規定がなく、処罰できないため問題となる。
判例はCの犯行を幇助したBを更にAが幇助した(A→B(幇助犯)→C(正犯))事例につき、AがBを幇助したのか、AはCを幇助したのかが争われたが、
AはCを間接的に幇助したとし、1項の成立を認めた。

判例[編集]

  • 大審院第一刑事部大正6年5月25日判決
    助言を以て他人の犯罪に加工したる場合に於て該助言か他人をして犯行の故意を決定せしめたりとせは教唆犯に問擬すへく単に他人の既発の犯意を強固ならしめたるに止まるものなるときは之を従犯に問擬すへきものとす
  • 最高裁判所第一小法廷昭和44年7月17日決定
    被告人Aが、Bまたはその得意先の者において不特定の多数人に観覧せしめるであろうことを知りながら、猥せつ映画フイルムをBに貸与し、B甲からその得意先であるCに右フイルムが貸与され、Cにおいてこれを映写し十数名の者に観覧させて公然陳列するに至つた場合、被告人Aの所為については、正犯たるCの犯行を間接に幇助したものとして、従犯が成立する。

前条:
刑法第61条
(教唆)
刑法
第1編 総則
第11章 共犯
次条:
刑法第63条
(従犯減軽)
このページ「刑法第62条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。