刑法第247条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

条文[編集]

(背任)

第247条
他人のためにその事務を処理する者が、自己若しくは第三者の利益を図り又は本人に損害を加える目的で、その任務に背く行為をし、本人に財産上の損害を加えたときは、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

解説[編集]

w:背任罪を参照。

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
刑法第246条の2
(電子計算機使用詐欺)
刑法
第2編 罪
第37章 詐欺及び恐喝の罪
次条:
刑法第248条
(準詐欺)
このページ「刑法第247条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。