国家賠償法第1条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール国家賠償法

条文[編集]

【公務員の不法行為と賠償責任、求償権】

第1条
  1. 国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。
  2. 前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があつたときは、国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。

解説[編集]

損害賠償責任は、過失責任であると規定している。

損害賠償[編集]

要件[編集]

主体:国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員[編集]
契機:その職務を行うについて[編集]
行政上の不作為[編集]
行為者の主観:故意又は過失によつて[編集]
(参考)違法性[編集]

効果[編集]

国又は公共団体が賠償する[編集]

求償[編集]

要件[編集]

行為者の故意又は重大な過失[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

1項

前条:
国家賠償法
次条:
国家賠償法第2条
【営造物の設置管理の瑕疵と賠償責任、求償権】
このページ「国家賠償法第1条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。