民事執行法第173条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール民事訴訟法コンメンタール民事執行法

条文[編集]

第173条
  1. 第168条第1項、第169条第1項、第170条第1項及び第171条第1項に規定する強制執行は、それぞれ第168条から第171条までの規定により行うほか、債権者の申立てがあるときは、執行裁判所が前条第1項に規定する方法により行う。この場合においては、同条第2項から第5項までの規定を準用する。
  2. 前項の執行裁判所は、第33条第2項各号(第一号の二及び第四号を除く。)に掲げる債務名義の区分に応じ、それぞれ当該債務名義についての執行文付与の訴えの管轄裁判所とする。

解説[編集]

168条第1項(不動産の引渡し等の強制執行)
第169条第1項(動産の引渡しの強制執行)
第170条第1項(目的物を第三者が占有する場合の引渡しの強制執行)
第171条第1項(代替執行)

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民事執行法第172条
(間接強制)
民事執行法
第2章 強制執行
第3節 金銭の支払を目的としない請求権についての強制執行
次条:
民事執行法第174条
(意思表示の擬制)
このページ「民事執行法第173条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。