民法第1039条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第5編 相続 法学コンメンタールコンメンタール民法第5編 相続

条文[編集]

(不相当な対価による有償行為)

第1039条
不相当な対価をもってした有償行為は、当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知ってしたものに限り、これを贈与とみなす。この場合において、遺留分権利者がその減殺を請求するときは、その対価を償還しなければならない。

解説[編集]

遺留分減殺請求の対象となる行為は贈与であるが、一定の行為をみなすことにより、減殺請求の対象に含めることにしている。

判例[編集]


前条:
民法第1038条
(負担付贈与の減殺請求)
民法
第5編 相続
第8章 遺留分
次条:
民法第1040条
(受贈者が贈与の目的を譲渡した場合等)
このページ「民法第1039条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。