民法第122条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(取り消すことができる行為の追認)

第122条
取り消すことができる行為は、120条に規定する者が追認したときは、以後、取り消すことができない。ただし、追認によって第三者の権利を害することはできない。

解説[編集]

追認の効果とその対抗力について規定している。遡及効をもつが第三者の権利を害することはできない。

「追認したとき」と取り扱われるための要件については、民法第123条、民法第124条を参照。

  • 民法第120条(取消権者)

2004年(平成16年)改正前の民法においては、追認の効果は「初ヨリ有効ナリシモノト看做ス」とされていたが、「取り消すことができる行為」は取り消されるまでは有効であるため、正確でないことから、上記のように改められた。また、但書の存在意義についてもかねてから疑問が指摘されてきたが(参考文献を参照)、こちらは16年改正ののちも存続している。

関連条文[編集]

参考文献[編集]

  • 我妻栄『新訂民法総則(民法講義1)』(岩波書店、1965年)398頁
  • 四宮和夫『民法総則(第4版補正版)』(弘文堂、1996年)221頁

前条:
民法第121条
(取消しの効果)
民法
第1編 総則
第5章 法律行為
第4節 無効及び取消し
次条:
民法第123条
(取消し及び追認の方法)
このページ「民法第122条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。