民法第158条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第1編 総則

条文[編集]

未成年者又は成年被後見人と時効の完成猶予

第158条
  1. 時効の期間の満了前六箇月以内の間に未成年者又は成年被後見人に法定代理人がないときは、その未成年者若しくは成年被後見人が行為能力者となった時又は法定代理人が就職した時から六箇月を経過するまでの間は、その未成年者又は成年被後見人に対して、時効は、完成しない。
  2. 未成年者又は成年被後見人がその財産を管理する父、母又は後見人に対して権利を有するときは、その未成年者若しくは成年被後見人が行為能力者となった時又は後任の法定代理人が就職した時から六箇月を経過するまでの間は、その権利について、時効は、完成しない。

改正経緯[編集]

2017年改正により、見出しの「時効の停止」を「時効の完成猶予」に改正

解説[編集]

被保佐人・被補助人は自ら時効の完成を阻害させることができるので、1項の対象からはずれている。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第157条
<削除>

民法第154条
民法
第1編 総則

第7章 時効

第1節 総則
次条:
民法第159条
(夫婦間の権利の時効の完成猶予)


このページ「民法第158条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。