民法第266条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

地代

第266条
  1. 第274条から第276条までの規定は、地上権者が土地の所有者に定期の地代を支払わなければならない場合について準用する。
  2. 地代については、前項に規定するもののほか、その性質に反しない限り、賃貸借に関する規定を準用する。

解説[編集]

地代につき、永小作権、賃貸借契約の規定が準用される旨を規定する。

  • 民法第274条(小作料の減免)
  • 民法第275条(永小作権の放棄)
  • 民法第276条(永小作権の消滅請求)

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第265条
(地上権の内容)
民法
第2編 物権
第4章 地上権
次条:
民法第267条
(相隣関係の規定の準用)
このページ「民法第266条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。