民法第670条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(業務の決定及び執行の方法)

第670条
  1. 組合の業務は、組合員の過半数をもって決定し、各組合員がこれを執行する。
  2. 組合の業務の決定及び執行は、組合契約の定めるところにより、一人又は数人の組合員又は第三者に委任することができる。
  3. 前項の委任を受けた者(以下「業務執行者」という。)は、組合の業務を決定し、これを執行する。この場合において、業務執行者が数人あるときは、組合の業務は、業務執行者の過半数をもって決定し、各業務執行者がこれを執行する。
  4. 前項の規定にかかわらず、組合の業務については、総組合員の同意によって決定し、又は総組合員が執行することを妨げない。
  5. 組合の常務は、前各項の規定にかかわらず、各組合員又は各業務執行者が単独で行うことができる。ただし、その完了前に他の組合員又は業務執行者が異議を述べたときは、この限りで ない。

改正経緯[編集]

2017年改正にて、以下の条項から改正。

(業務の執行の方法)

  1. 組合の業務の執行は、組合員の過半数で決する。
    • 組合員間内部に関して、過半数にて意思を「決定」する旨は定められていたが、組合員外に対しての「執行」の権限について明示した(改正第1項)。
  2. 前項の業務の執行は、組合契約でこれを委任した者(次項において「業務執行者」という。)が数人あるときは、その過半数で決する。
    • 改正により「執行」のみならず「決定」も委任できることを明示し(改正第2項)、委任業務について業務執行者が複数ある場合は、過半数でこれを決定し、執行は各業務執行者が各自で行う旨定めた(改正第3項)。
    • ただし、この委任に関わらず(すなわち、業務執行者の決定及び執行に優先して)、総組合員の同意により決定及び執行が可能である(改正第4項)。
  3. 組合の常務は、前二項の規定にかかわらず、各組合員又は各業務執行者が単独で行うことができる。ただし、その完了前に他の組合員又は業務執行者が異議を述べたときは、この限りでない。
    • 改正第5項に継承。

解説[編集]

組合自体は仮想的な存在であるので、業務について決定(何をするか決めること)も執行(組合外に対して意思を表示すること)もできない。そのため、組合の業務は、組合員の総意(多数決、組合契約で方式を決めても良い)によってなされるが、常に、組合員が参集しているわけではないので、業務の決定及び執行については、組合員から選定または第三者に委任するのが一般的であり、この受任者を「業務執行者」という。

業務執行者が複数ある場合、業務の決定は業務執行者の総意で行い、その執行は各業務執行者が行う。ただし、総組合員の同意による決定及び総組合員による執行は、これらに優先する。これら意思決定及び意思表示(執行)に齟齬が見られる場合、心裡留保虚偽表示代理理論等により解決される。

「常務」とは、組合事業を行うのに必要な日常の些事を言い、各組合員又は各業務執行者が単独で行うことができるが、その完了前に他の組合員又は業務執行者は意義を述べ、執行を停止することができる。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第669条
(金銭出資の不履行の責任)
民法
第3編 債権

第2章 契約

第12節 組合
次条:
民法第670条の2
(組合の代理)


このページ「民法第670条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。