民法第667条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権

条文[編集]

組合契約)

第667条
  1. 組合契約は、各当事者が出資をして共同の事業を営むことを約することによって、その効力を生ずる。
  2. 出資は、労務をその目的とすることができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第666条
(消費寄託)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第12節 組合
次条:
民法第668条
(組合財産の共有)
このページ「民法第667条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。