民法第726条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)>民法第726条

条文[編集]

親等の計算)

第726条
  1. 親等は、親族間の世代数を数えて、これを定める。
  2. 傍系親族の親等を定めるには、その一人又はその配偶者から同一の祖先にさかのぼり、その祖先から他の一人に下るまでの世代数による。

解説[編集]

「親等」の数え方を定めた規定である。戦後の民法改正においても、明治民法の規定がそのまま受け継がれている。

親族の範囲を確定するために必要な規定である(民法第725条参照)。

親等が問題になる民法上の規定としては、近親婚の禁止(民法第734条)、扶養義務民法第877条)などがある。

関連条文[編集]


前条:
民法第725条
(親族の範囲)
民法
第4編 親族
第1章 総則
次条:
民法第727条
(縁組による親族関係の発生)
このページ「民法第726条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。