民法第734条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(近親者間の婚姻の禁止)

第734条
  1. 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。ただし、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。
  2. 第817条の9の規定により親族関係が終了した後も、前項と同様とする。

解説[編集]

1項は、戦後の民法改正においても、明治民法の規定をそのまま受け継がれている。 兄と妹、姉と弟、おばと甥、おじと姪は結婚できないが、父母や祖父母の養子、養親の実子等義理の関係であれば結婚できる。

参照条文[編集]

民法第744条(不適法な婚姻の取消し)

判例[編集]


前条:
民法第733条
(再婚禁止期間)
民法
第4編 親族
第2章 婚姻
第1節 婚姻の成立
次条:
民法第735条
(直系姻族間の婚姻の禁止)
このページ「民法第734条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。