民法第761条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(日常の家事に関する債務の連帯責任)

第761条
夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う。ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は、この限りでない。

解説[編集]

日常の家事に関する法律行為についての夫婦の連帯責任を定めた規定である。

参照条文[編集]

判例[編集]

  • 土地建物所有権移転登記抹消登記手続請求 (最高裁判例 昭和44年12月18日) 民法第110条
    夫婦の一方が民法761条所定の日常の家事に関する代理権の範囲を越えて第三者と法律行為をした場合においては、その代理権を基礎として一般的に同法110条所定の表見代理の成立を肯定すべきではなく、その越権行為の相手方である第三者においてその行為がその夫婦の日常の家事に関する法律行為に属すると信ずるにつき正当の理由のあるときにかぎり、同条の趣旨を類推して第三者の保護をはかるべきである。
  • [](最高裁判例 )

前条:
民法第760条
(婚姻費用の分担)
民法

第4編 親族
第2章 婚姻
第3節 夫婦財産制

次条:
民法第762条
(夫婦間における財産の帰属)
このページ「民法第761条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。