民法第796条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(配偶者のある者の縁組

第796条
配偶者のある者が縁組をするには、その配偶者の同意を得なければならない。ただし、配偶者とともに縁組をする場合又は配偶者がその意思を表示することができない場合は、この限りでない。

解説[編集]

一方の配偶者が縁組を行うと、相続分に変動があるため、他方配偶者の同意を必要とした。

参照条文[編集]


前条:
民法第795条
(配偶者のある者が未成年者を養子とする縁組)
民法
第4編 親族
第3章 親子
第2節 養子
次条:
民法第797条
(十五歳未満の者を養子とする縁組)
このページ「民法第796条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。