民法第841条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(父母による未成年後見人の選任の請求)

第841条
若しくは母が親権若しくは管理権を辞し、又は父若しくは母について親権喪失、親権停止若しくは管理権喪失の審判があったことによって未成年後見人を選任する必要が生じたときは、その父又は母は、遅滞なく未成年後見人の選任を家庭裁判所に請求しなければならない。

解説[編集]

平成23年改正によって親権喪失、親権停止若しくは管理権喪失の審判の規定が盛り込まれたことから本条もそれに対応して改正された。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第840条
(未成年後見人の選任)
民法
第4編 親族

第5章 後見

第2節 後見の機関
次条:
民法第842条
(削除)
民法第843条
(成年後見人の選任)


このページ「民法第841条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。