民法第851条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

後見監督人の職務)

第851条
後見監督人の職務は、次のとおりとする。
一 後見人の事務を監督すること。
二 後見人が欠けた場合に、遅滞なくその選任を家庭裁判所に請求すること。
三 急迫の事情がある場合に、必要な処分をすること。
四 後見人又はその代表する者と被後見人との利益が相反する行為について被後見人を代表すること。

解説[編集]

後見監督人の職務についての規定である。

後見人の監督が主要な職務であるが(後見人の解任請求については、(民法第846条)を参照)、一定の場合には、後見人の選任を家庭裁判所に請求したり、一定の場合には後見人に代わってその職務を代行することも予定されている。

参照条文[編集]



前条:
民法第850条
(後見監督人の欠格事由)
民法
第4編 親族
第5章 後見
第2節 後見の機関
次条:
民法第852条
(委任及び後見人の規定の準用)


このページ「民法第851条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。