民法第775条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(嫡出否認の訴え)

第775条
前条の規定による否認権は、子又は親権を行う母に対する嫡出否認の訴えによって行う。親権を行う母がないときは、家庭裁判所は、特別代理人を選任しなければならない。

解説[編集]

民法第774条により夫が有する子の嫡出性の否認権の行使方法、及び行使の相手方についての規定である。

出訴期間については、民法第777条を参照。

子が死亡している場合は、嫡出否認の訴えにより親子関係を否定することはできない。

妻の再婚によって嫡出推定が重複するような場合においては、「父を定める訴え」によって父親を決定することになる。

妻が産んだ子ではなく、他人の子が戸籍上嫡出子とされているような場合においては、嫡出否認の訴えによる必要はなく、「父子関係不存在確認の訴え」を使えばよいと解されている。

具体的な挙証の問題については、裁判官の自由な心証に委ねられる(自由心証主義

参照条文[編集]

参考判例[編集]

  • 最判昭49.10.11 父母でない者の嫡出子として戸籍に記載されている者は、その戸籍の訂正をまつまでもなく、実父又は実母に対し認知の訴を提起することができる。

参考文献[編集]

  • 『民法(5)親族・相続(第3版)』有斐閣新書(1989年、有斐閣)97頁-104頁(川田昇執筆部分)
  • 泉久雄『親族法』(1997年、有斐閣)194頁-204頁

前条:
民法第774条
(嫡出の否認)
民法
第4編 親族
第3章 親子
第1節 実子
次条:
民法第776条
(嫡出の承認)
このページ「民法第775条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。