民法第802条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(縁組の無効)

第802条
縁組は、次に掲げる場合に限り、無効とする。
一 人違いその他の事由によって当事者間に縁組をする意思がないとき。
二 当事者が縁組の届出をしないとき。ただし、その届出が第799条において準用する第739条第2項に定める方式を欠くだけであるときは、縁組は、そのためにその効力を妨げられない。

解説[編集]

  • 民法第739条(婚姻の届出)
  • 民法第799条(婚姻の規定の準用)

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第801条
(外国に在る日本人間の縁組の方式)
民法

第4編 親族
第3章 親子
第2節 養子

次条:
民法第803条
(縁組の取消し)
このページ「民法第802条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。