民法第882条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(相続開始の原因)

第882条
相続は、死亡によって開始する。
(昭和22年12月22日法律第222号全部改正、平成16年12月1日法律第147号一部改正)

改正前[編集]

昭和22年12月22日法律第222号[編集]

第882条
相続は、死亡によつて開始する。

明治31年6月21日法律第9号[編集]

第992条
遺産相続ハ家族ノ死亡ニ因リテ開始ス

解説[編集]

本条は、相続の開始の原因と時期について定めている。

相続開始原因は、人の自然の死亡および失踪宣告による法律上の死亡とされる。旧民法では、家督相続遺産相続の2種類の相続があり、家督相続に関しては、戸主の死亡のほか、隠居、国籍喪失、去家なども相続開始原因とされていた(旧民法第964条)。

相続開始時期は、自然の死亡は医学的に死亡が確認された瞬間とされ、失踪宣告による法律上の死亡は死亡がみなされた日とされる。

参照条文[編集]

判例[編集]

参考文献[編集]

  • 島津一郎・久貴忠彦編 『新・判例コンメンタール民法 14 相続(1)』 三省堂、1992年6月1日ISBN 9784385311661
  • 中川善之助・泉久雄編 『新版 注釈民法(26) 相続(1)』 有斐閣、1992年6月30日ISBN 9784641017269

前条:
民法第881条
(扶養請求権の処分の禁止)
民法
第5編 相続
第1章 総則
次条:
民法第883条
(相続開始の場所)


このページ「民法第882条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。